久島伸昭 Kyushima

1937 Paris

<82>アレクサンダー・カルダー展

麻布台ヒルズギャラリーで開催中のアレクサンダー・カルダーの展覧会 東京港区に2023年オープンした麻布台ヒルズ。 その麻布台ヒルズギャラリーでアレクサンダー・カルダーの展覧会が開催されている。 カルダー:そよぐ、感じる、日本 という展覧会で...
1867 Paris

<81>新紙幣と万博②

新一万円札の渋沢栄一 さて、2024年7月3日に新規発行された新一万円札である。 今回は、福沢諭吉から渋沢栄一へと変わった。 渋沢栄一(1840-1931)は、生涯において500もの企業設立などにかかわり、「日本近代社会の創造者」とも「日本...
1862 London

<80>新紙幣発行と万博①

2024年7月3日に新紙幣が発行 今年2024年7月3日(水)、一万円、5千円、千円の3種類の新紙幣が発行された。 新紙幣に変わるのは20年ぶりだという。 今回は、一万円札が渋沢栄一、5千円札が津田梅子、千円札が北里柴三郎という顔ぶれである...
1925 Paris Expo

<79>「もうひとりのル・コルビュジエ」展

ル・コルビュジエの絵画展 今年2024 年6月25日(火)~8月12日(月、祝) まで、東京の大倉集古館で 特別展 大成建設コレクション もうひとりのル・コルビュジエ ~絵画をめぐって~ Another Aspect of Le Corbu...
1878 Paris

<78>ファーブル生誕200年と万博

ファーブル生誕200年 昨年2023年はファーブル生誕200年記念の年だった。 いくつかのテレビ、新聞などのメディアで特集が組まれたので、目に留めた方もいらっしゃるだろう。 『ファーブル昆虫記』で日本でも有名なジャン=アンリ・カジミール・フ...
1900 Paris

<77>皇居で見るパリ万博

「皇居三の丸尚蔵館」 今年(2024年)の夏はとても暑そうである。 今日はまだ6月中旬というのに日差しはすでに真夏のそれを思い出させる。 そんな中、皇居を訪れた。 東京駅から10分ほど歩き、大手門を通って皇居に入る。 入る前には手荷物検査が...
1851 London Expo

<76>迎賓館赤坂離宮でのエラールピアノ演奏会

エラールのピアノと万博 前回<75>でご紹介したエラールのピアノ。 エラール社は1851年ロンドン万博にもピアノを出展し、1855年パリ万博では金賞を受賞するなど、万博的にも由緒あるピアノメーカーであった。 残念ながらこの会社は今はもう存在...
1851 London Expo

<75>ニューヨーク・メトロポリタン美術館と万博⑧エラールのピアノ

<74>でご紹介したメトロポリタン美術館の楽器展示セクションであるが、さらに行くと、ピアノが展示されている。 エラールのピアノ もしかしたら、と思って確認すると、やはりエラールのピアノであった。 ピアノで有名なエラール社を創設したセバスチャ...
1851 London Expo

<74>ニューヨーク・メトロポリタン美術館と万博⑦サックス

メトロポリタン美術館の楽器展示 さて、これまで見てきたメトロポリタン美術館の「アメリカン・ウィング」を出ると、近くには楽器展示コーナーがある。 そこには世界中から集められた様々な時代の楽器が展示されている。 サックスの展示 まず筆者の目をひ...
1964/65EXPO

<73>「ニューヨーク・メッツ」の本拠地「シティ・フィールド」

「ドジャース」対「メッツ」の試合中継 先週2024年5月29日(水)、NHK-BSでアメリカ大リーグで大谷翔平選手の所属する「ロサンゼルス・ドジャース」と「ニューヨーク・メッツ」の試合を中継していた。 試合開場はメッツの本拠地であるニューヨ...